スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

止まらない時間

2008年1月
なんとか年を越した。
寝ているにゃんこ先生がトイレに間に合わなくて そのままオシッコをしてしまう事が多くなった。
とても申し訳なさそうに・・・悲しそうな顔をするにゃんこ先生
オシッコくらい失敗したっていいのに・・・
汚れた身体を優しく優しく拭いてさしあげると ちょっとホッとしたような表情になる。
やはり 綺麗好きのにゃんこ先生には 汚れた身体では落ち着かないよね。

何度オシッコを失敗しても 毎晩 いつものように にゃんこ先生との添い寝を楽しんだ。
あとどれくらい あと何回 一緒に寝られるのだろう・・・と思いながら。

1月5日
一日に何回もの痙攣に襲われる。
とても苦しそうに倒れるにゃんこ先生を見るのは辛い・・・
でも 生きようとしているのも事実だ。
最期の最期まで付き合うと決めたのだから 一緒に辛さを分かちあいたい・・・
せめて 倒れるときに 頭をぶつけないように支えてあげる事しかできないのだが
下僕は いつまでも にゃんこ先生と一緒にいます。


1月11日
本当に 何も食べなくなってしまった・・・。
好きな缶詰をあけても マグロのあぶりをあげても・・・
何も・・・何も食べてくれない。

ゴハンをペースト状になるまですり潰し 少しずつ強制給餌。
「イヤイヤ・・・」と 顔をそむけるが 食べてくれないことには 命が繋がらない・・・
泣きながら 強制給餌をつづける。


1月15日
とうとう 頭を起こすこともできなくなった にゃんこ先生。
かすかな鳴き声と 手足の動きだけで 何かを伝えようとしていた。
寝返りを打てないにゃんこ先生を 下僕みずから身体の位置を変えるが
落ち着く寝位置が限られているようで いつも 同じ寝姿勢に落ち着いてしまう。
血行が悪くなってしまうので 身体をさする。
楽になっているのか どうか 下僕にはわからない。
それでも 何度も何度も身体をさすってみる。
少しでも 楽になってほしい・・・その思いだけだった。


1月16日
夕方頃 にゃんこ先生の目に異常がみられる。
左右の瞳孔の開きかたが違う。
毒素が 脳神経にまわってしまっているようだった・・・
獣医さんの判断でも やはり同じ診断だった。

獣医から帰宅して マグロのあぶりを細かくたたいたものを差し出してみた。
ひょっとしたら食べてくれるかも・・・
それまで 頭を起こす事も出来なくなっていた にゃんこ先生が 「ぐいっ!」と頭を上げた。
そして、勢いよく一気にマグロを食べた!
「生きようとしてる!!」
急いで 追加のマグロのあぶりをたたいた。
再度 差し出したが それは食べてくれなかった・・・。
でも まだ望みはあるのかもしれない。
そう・・・少しは まだ・・・ひょっとしたら・・・

その夜は 横たわるにゃんこ先生に 心から目一杯語りかけた。
「ありがとう にゃんこ先生 私は大丈夫。心配しなくていいよ。」
「頑張って生きてくれてありがとう」

駆けつけた彼氏も にゃんこ先生を優しく撫でながら無言で語りかけていた。
その夜は 彼氏と私とにゃんこ先生と静にすごした。
とても しずかな夜だった。


1月17日

5時45分 
寝ないつもりだったが いつの間にか眠りに落ちていたようだった。
「(にゃんこ先生は?)」
顔を覗き込むと うっすら目を開けていた。
弱弱しくだが おなかも上下していた。
「(息・・・してる)」
ほっとした。

6時30分 
仕事にでかける為 彼氏がおきだしてきた。
にゃんこ先生を覗き込み 生きている事を確認して 少し安心したようだった。

6時50分
下僕も顔を洗い 歯を磨いて 朝の支度をはじめる。
その時 急に彼氏が声を上げた。
「あっ!!にゃんこ先生!!」

驚いて 下僕も駆け寄る。

急だった・・・。
本当に急だったのだ。

彼氏が にゃんこ先生を見つめていたら ふいに身体を「ぎゅーーーん」と伸ばしたにゃんこ先生
そして、「すとっ・・・」と 力が抜けたのだという・・・

ほんの一瞬 下僕が離れたその時に 旅立ってしまった。
にゃんこ先生の身体に触れると まだ暖かかった・・・。
ただ 寝ているだけのような・・・そんな気がするほど
でも もう息はしていなかった。
人間より ちょっと早めの心臓の音も聞こえなかった・・・。

にゃんこ先生の傍らで 大声をあげて泣く彼氏・・・

何故だか 私は 泣けなかった。
悲しいのに 泣けなかった。
泣きたいのに 泣けなかったのだ。
涙が 上手に出てこなかったのだ。

彼氏には 仕事へ行くように声をかけた。
子供のように泣きじゃくる彼氏をなだめながら見送った。

彼氏を送り出して にゃんこ先生と二人きり・・・
残酷にも 徐々ににゃんこ先生の身体が硬くなっていく。

そんな にゃんこ先生を撫でながら 大好きな肉球の匂いを嗅いだ。
いつもと同じ 香ばしい香りがした。

それでも 泣けない・・・。
私の身体の中で 行き場の無い涙たちが 私の身体を刺していた。

そして 淡々とお葬式と火葬の段取りをしはじめた
何故 こんなにも 淡々と段取りを進めているのか やっている本人が一番理解できなかった。

私は にゃんこ先生を失って 悲しくないのだろうか?

自分で自分が信じられなかった・・・


スポンサーサイト
...more
テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:0 

その時・・・

2007年7月
この頃から2週間に一度 皮下補液に通院。
投薬も続行。
効果がないわけでは無い
ただ その効果を上回る速さで にゃんこ先生の身体は・・・

食欲:良好 水の飲み方:多飲 トイレ:おしっこ多 ウンチ:黒っぽい 硬い
日ごろ 甘えた行動などしない にゃんこ先生が・・・
後追いをはじめたのもこの頃。
人生初 にゃんこ先生に後追いされる。


2007年8月
暑さに弱い にゃんこ先生の為に 部屋のあちこちにクールマットを置く。
室温は常に26度をキープ。
湿度は50%をキープ。
人間には少々暑苦しい。

血液検査:見たくもない数値・・・
ちゃんと食べているのに体重減少・・・
もう 止められないのか・・・?


2007年9月
血液検査は もうやめる。
その代わり 皮下補液は4日に一回することにした。
脱水症状が進んでいたからだ。

瞳の輝きも 毛艶もいいのに 確実に・・・


2007年10月
「覚悟してください」と言われてから3ヶ月以上たった。
にゃんこ先生の時間は止められない。
止められないならば 遅らせたい!
出来る限りの事をしたい・・・!

・・・にゃんこ先生の尊厳を守れる範囲で・・・

それが 下僕の最期の務めなのかもしれない。

ある意味 覚悟が決まった瞬間だったかもしれない。


2007年11月
日増しに筋力の衰えがみられる。
後足からはじまった筋力の衰えは 徐々に背中→前足と進んできた。
寝ていて起き上がる時にも 後足の筋力不足の為 苦労している姿をみるようになる。
一緒に寝ていても 上掛け布団の重さで寝返りがうてない にゃんこ先生
下僕は上掛け布団なし 毛布のみで寝るようにした。
毛布なら にゃんこ先生も楽に寝れるようだった。

日々 体重減少
3.8キロあった体重は この頃2.75キロ
それでもまだ 体重減少していく・・・


2007年12月
ゲッソリ痩せた にゃんこ先生・・・
食欲も落ちた・・・
あれやこれやと何とか食べさせようと必死になる。

歩く姿もおぼつかない・・・
それでも 自力でトイレに向かう にゃんこ先生

皮下補液は2日に一回。

ネフガードも その他の薬も もう効力をなさない。
全ての投薬を打ち切り 補液と栄養点滴のみにする。

療法食は 早い段階でやめていた。
にゃんこ先生が受け付けないからだ・・・

長い 長い 猫生を生きてきたんだ・・・
最期の最後に マズイ療法食では味けないと・・・下僕が判断した。
にゃんこ先生の望む物を食べさせたいと思った。

朝一で 柳橋市場へマグロを買いにいったり
茨城県の親戚に頼んで 純国産の引き割り納豆を頼んだり

・・・下僕のひとりよがりはつづいた。

それでも 喜んで食べてくれる にゃんこ先生の姿は 本当に嬉しかったのだ。

12月末・・・にゃんこ先生の体重は2.35キロになった。
骨と皮だけのようだった
でも そんな身体でもトイレだけは自力で行くのだ。
トイレの手前で失敗したり
トイレの中で痙攣をおこしたり
でも でも・・・

年を越せないかもしれない・・・
そう 思いながら 師走をかけぬけたのだった。




テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:0 

その時がきた

さあ いよいよ この瞬間がきた。

春だ。

春を向かえられなかった にゃんこ先生のために

にゃんこ先生の最期の時を書くなら 「春」と決めていたのだ。



2006年12月20日
にゃんこ先生の歩き方に「????」と思う。
ごはんも 食べるし 下僕使いも荒い・・・普段と同じ
でも 何か違う・・・

かかりつけ獣医に強引に連れていく。
半年に一度の血液検査には ちと早いが 血液検査を頼む。

予想的中。

腎臓機能の低下を表す数値発見。

それまでは老齢猫にあるまじき健康数値だったのに。
ここにきて・・・

ひとまず ネフガードなど もろもろ投薬で様子をみることとなる。


2007年1月
あいかわらず にゃんこ先生は元気。
薬を無理やり飲まされる事に納得がいかない様子。
食欲:良好 水の飲み方:良好 トイレ:絶好調


2007年2月
あいかわらず にゃんこ先生は元気。
薬は無理やり飲んでもらっている。
食欲:良好 水の飲み方:多飲 トイレ:絶好調

血液検査:数値悪化・・・
投薬続行


2007年3月
あいかわらず にゃんこ先生は元気。
薬も続行。
食欲:良好 水の飲み方:多飲 トイレ:良好
後から歩いているところをみると 若干 後足の運びが気になる。
O脚のような感じ。
血液検査:さらに数値悪化・・・
体重が100g減少


2007年4月
陽だまりでにゃんこ先生お昼寝。
あいかわらず元気にみえる。
食欲:良好 水の飲み方:多飲 トイレ:良好(おしっこ多い?)
歩き方が確実におかしい・・・
後ろ足が上がっていないような気がする。
若干 後ろ足の筋肉が衰えたような気がする。
血液検査:さらに数値悪化・・・投薬の意味はないのか?
体重:125g減少
食べているのに 体重減少・・・


2007年5月
変わらないように見えるが 確実に衰えている。
食欲:良好 水の飲み方:多飲 トイレ:おしっこ多い。ウンチが黒くて硬い・・・脱水症状?
血液検査:数値悪化 皮下補液始まる。脱水症状がみられる。
体重:100g減少
頑張れ!にゃんこ先生!!


2007年6月
にゃんこ先生は元気にみえる。
でも、この時獣医さんから「覚悟してください」と言われる。
血液検査の結果が悪化の一途をたどっていた。
老齢な事と 止められない腎機能の悪化・・・
「このままいけば 3ヶ月もたない・・・」 と言われた。

覚悟など・・・決まるわけがない




テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

肉球

「猫さまの肉球の色は その子の鼻の色と同じ。」

友人Mは ひとりごとのごとくつぶやいた・・・w

たしかに にゃんこ先生の鼻の色は黒・・・

肉球も黒だった。

にゃんこ先生が亡くなった今頃 そんな事実を知った。

急に にゃんこ先生の肉球の匂いが懐かしくなってしまった。


ララの鼻は ピンクと黒のまだらw

肉球も同じ色あいのまだら柄。


にゃるほど 納得 つれづれに・・・w



テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:0 

言霊

なにかにつけて

「あと10年元気で長生きしてね^^」

と、にゃんこ先生に言っていた私。

「そのとき」が、2008年の1月に来てしまったけど・・・

それでも 随分と長生きしてくれたもんだ。

27年だもんねぇ~

にゃんこ先生 幸せな時間を ありがとね^^

あの言葉は おまじないになっていたのかな?


にゃんこ先生は 生まれ変わってこないと思う。

だって・・・

「あっちにいったら猫神さまになってね^^」って 私が言ってしまったから

長い 長い この世での修行を終えて

今頃は あちらの世界で猫神さま修行をしてこといるだろう・・・

言葉に込められた 心って 本当にあるよね。



ぼちぼち のんびり つれづれに・・・






テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

肩こり

私は 肩こりである。

腰こりもある。

何故なら 寝返りをうたないからである。

職業柄 中途半端な姿勢をとるので 大人になって更に悪化してはいるが

私の肩こり歴は 10代からなのだ。 (;´д`)トホホ

原因は にゃんこ先生と一緒に寝かせていただいていたから。

にゃんこ先生は寝る時

夏場は 下僕の首元で寝る。

冬場は 下僕のうでまくらで布団から顔だけ出して寝る。

当然 下僕は寝返りなどうってはいけない。


長年 にゃんこ先生に鍛えていただいたお陰で 立派に寝返りをうたない身体になった。

そして 「万年肩こり」の称号をいただいたのである。

今はララと寝ている。

ララにも 寝返りをうたない下僕の寝相は大変気に入っていただいているようですw

にゃんこ先生のお陰です  ありがたやぁ~ (シ_ _)シ  ハハァーー


こりこり 肩こり つれづれに・・・


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:0 

ヘルスウォーター

これ・・・マジですごい!

ヘルスウォーター Mサイズ
ヘルスウォーター

予想以上に いい反応♪

好んで水を飲んでくれてます。 v(。-_-。)vブイッ♪

あー たまには騙されてみるものですな♪(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ


ヘルスウォーター効果なのかどうかは不明ですが・・・

小食すぎて心配だった ララの食欲

なぜか 水を好んで飲むようになったら 食欲も増しました!

規定の量よりかは 少なめなようですが 

そこは ほら♪個人差?個猫差?ですからねw

きにしない きにしない^^

食べてくれたら それでいいのです。v^^v


写真がでかいのは ただ単に小さく出来ないだけなんです。orz
「スキルが足りないのねぇ~^^」と、優しい気持ちで許してください。



大雨 ざーざー つれづれに・・・


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:ララ  Trackback:0 comment:4 

アピール力

にゃんこ先生は自己主張の強い猫さんだった。

どう強いかというと・・・

声がでかい!www

私的には にゃんこ先生の声がでかいなんて意識していなかったのだが

猫友が増えるたびに いろいろなお宅の猫さんと出会う機会も増えた。

最初の頃は 「みんな か細い声でなくなぁ~」ってくらいに思っていた。

自分の家のまわりの野良猫さんたちでも 声は小さかった。

「人を警戒してるからかなぁ~」って 思っていた。

間違ってたwww

にゃんこ先生は 本気で声のでかいアピール力のある猫だったらしいww

電話をしている私にゴハン皿の前で「まんまぁーーー」と鳴くと

ほぼ 電話の相手に「あ、先生呼んでる?」って聞かれるほど。

全然 ゴハン皿の近くにいるわけじゃないのにねw

ま、私が1階で仕事している時でも 2階にいるにゃんこ先生のゴハンの催促の声

「まんまぁーーー」が お客さんにも聞こえるくらいだから でかいよねw 


きっと 向こうの世界でも「まんまぁーーー」と大声でアピールしているに違いないwww




春だね ぽかぽか つれづれに・・・♪


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

ちょっとだけララ

ララどアップ

ララが来て 1週間たった。

最初の2日間は 夜鳴きしていたが 今は落ち着いている。

奮発して購入したキャットタワーも組み立て 部屋は完全に猫様仕様になった。
タワー

ララ仕様になっていないのは 私の猫スキルだけだ。///orz///ズゥゥゥゥン

ララは とにかくよくしゃべる。

つねに 「うにゃ」「うなん」「あん♪」と しゃべってくれる。

でも・・・何を言わんとしているかが まだわからない・・・///orz///ズゥゥゥゥン

しゃべりすぎで 要求がうまく読み取れないのである。

下僕失格・・・。(´;ω;`)ウッ


しかも ララは食べる事にあまり興味がない。

まだ 来たばかりで慣れていないから食が細いのか

そもそも 小食なのか・・・ε= (´∞` ) ハァー


フードが気に入らないのかと思い この一週間でカリカリ5種類ウェット6種類購入・・・

どれも決め手にかけるような気が・・・///orz///ズゥゥゥゥン


水の飲み方も 少々すくないような気がするため あちこちに水入れをおいてみる・・・

なんか 違うような気がする・・・///orz///ズゥゥゥゥン

お水はちゃんと飲んで欲しいのです。心配なのです。

今月は キャットタワー購入して 結構ギリギリなのだが やっちまったよぉ~

ヘルスウォーター(食器)購入!1800円也 (-ノ-)/Ωチーン

エコノミーファウンテン購入!2980円也(最安値を発見) (-ノ-)/Ωチーン

届くのは 数日後・・・

いいといわれるものは 全て試してみるのだ。

来月も 冷凍うどんだけで私はいいからさ~w

おいしく食べて おいしくお水飲んで いっぱい遊んで いっぱい寝てください。┏(、ン、) ペコリ

期待してるよ ヘルスウォーター♪


下僕の他力本願 満願成就よろしくです。


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:ララ  Trackback:0 comment:6 

独身街道

友人M 彼女はとにかく よく猫を拾う。

本人曰く 

「拾いたくて拾っているわけじゃない!そこにいるんだもん!(♯ `-´)/ 」 だ・・・そうなw

きっと 猫神さまに気に入られているんだな・・・

現在4ニャンと生活している彼女。


そんな彼女のエピソードの中に 今でも記憶に残るエピソードがある。

友人として爆笑してしまったエピソード。

見知らぬ人が聞いたら イタイ話。w


今から 数年前 友人Mは 設計士の男性とお付き合いしていた。

かれこれ 3年ほどの付き合いだったと記憶している。

そんな彼と友人Mの 悲劇(喜劇?)のエピソード


彼「そろそろ結婚とか考えたりしない?長い付き合いだし・・・」

友人M「あー、そうだねぇ^^」

彼「あ!婚約指輪とか どんなのがいい?一緒に見にいこうか^^」

友人M「あ・・・婚約指輪かぁ~ 勿体無いからいらない^^」

彼「そうだね 結婚指輪買うから婚約指輪はいらないかぁ~♪おまえ堅実だな^^

友人M「あ!結婚指輪もいらないよぉ~ どうせしないしwアクセ苦手だし^^

彼「うんうん^^オレもアクセ苦手~♪じゃ!両方なしでいいかぁ^^」

友人M「うんうん^^節約節約♪」

彼「じゃ 結婚式も控えめにやろうか?^^」

友人M「身内で食事会でいいじゃん^^」

彼「うんうん^^それでもいいよな♪新婚旅行くらいは 好きな所へのんびり行こうか~^^」

友人M「あ!それはダメ!猫達置いて長期旅行はいけないから~^^

彼「え・・・?いや だって・・・誰かに世話頼むとかペットホテルとか あるじゃん」

友人M「ウチの子たちは 気難しいからペットホテルなんか無理。ストレスになるから」
    「それに 何日も猫達と離れるなんて イヤ~」
彼「・・・新婚旅行くらいいいじゃん・・・全然 旅行とか行ってないじゃん」

友人M「イヤ~!ダメなものはダメ~行かない」

彼「・・・あのさ・・・オレと猫と・・・どっちが大事なわけ?(-_-メ)」

友人M「猫!あたりまえでしょ?!」

彼「・・・・(´;ω;`)ウッ」


猫好き猫ばか女に そんな質問しちゃいけません。 めっ!ですw

猫と自分を天秤にかけちゃう彼氏も痛恨のミス。

それがきっかけだったかは定かではないが その後二人はセパレート・・・(お別れしました)

何がどうなるかなんて 誰にもわからないけど・・・

大事なもの 譲れないもの・事柄に 隔たりがあったら結婚生活は続かないだろう。
(あくまで勝手な憶測)

そして友人Mも私も 未だに独身なのである。


私も 彼氏に「オレより猫が大事なんだろ?」と聞かれて

「もちろん!^^」と 即答した前科があるので 彼女を責める言葉が出てこなかったw

むしろ 爆笑の後 そうだ!そうだ!と意気投合いたのである。


猫ばか バンザイ つれづれに・・・w(独身街道まっしぐら)


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:つぶやき・ぼやき  Trackback:0 comment:2 

掃除機

動物のいるお宅では 掃除機をかける時

「猫が掃除機に威嚇する」
「ワンコが掃除機に吼えまくる」
「ダッシュで逃げてく」

なんて話を聞く。

中には まったく動じない子達もいる。

にゃんこ先生は 全く動じない派。

動じないというより 完全無視!ガン無視なのだった。

掃除機をかけはじめても 悠々とカーペットで「猫の開き」になって寝ていた。
060529_1221~02
ねこさま

しかも 堂々と真ん中で・・・(邪魔です・・・

「(そこを 掃除したいんだけどなぁ~)」と、にゃんこ先生の周りをガーガー攻める。

一切 無視!な にゃんこ先生・・・///orz///ズゥゥゥゥン

仕方が無いので 強行作戦をとる下僕。

掃除機のヘッドで にゃんこ先生を軽く(あくまで軽くです)・・・ツンツン!

無視される・・・///orz///ズゥゥゥゥン

怖くないのか? にゃんこ先生!

うるさくないのか? にゃんこ先生!!


そして 下僕は部屋のど真ん中だけ 掃除できずに撤退するのであった・・・。

私の掃除の仕方は にゃんこ先生次第・・・。

一度で掃除が終わったためしなど一度も無い!<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!


お掃除したいの! つれづれに・・・(ノД`)・゜・。



テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

【報告があります】

こんな 拙いブログを奇特にもお読みくださっている方へ

急な事なんですが・・・

また 猫様と暮らすことになりました(*'-'*)エヘヘ


にゃんこ先生を見送って まだ1年と2ヶ月余り・・・

まだ早いんじゃないのか?にゃんこ先生が怒るかな?

などなど 迷いはありました。

まだ納骨できていない にゃんこ先生の骨壷に問いかけました。


我が愛しのにゃんこ先生は永遠に不滅であり

かつ、心の広い猫様ゆえ 許してくれるのではないか?

と、勝手な解釈をしました。



ララです。 11~12歳くらい 女の子
ララちゃん到着♪


今日から 私と暮らします。


ゆっくり じんわり つれづれに・・・
...more
テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:お知らせ  Trackback:0 comment:6 

なにゆえに?

下僕の私は にゃんこ先生の事を時々「女王様」と呼んでいた。

にゃんこ先生」って名前だけでもすごいのにね・・・

だって キャット空中三回転だに?

なにゆえ 女王様なのか?

ま、猫飼いなら誰でもそうだと思うが 一緒に暮らしている猫さんを

頭の中で擬人化したこと・・・一度はあると思う。

それだ。

私の頭の中(脳内イメージ)では にゃんこ先生はエリザベス一世女王陛下なのだ。

別に 顔が真っ白な訳でもないけどw

ヘアースタイルが 不自然にクルクルな訳じゃなかったけどww

威厳というか 媚ないというか なのに時折甘え上手な・・・(戦略か?)

きっと これから この先も 私の脳内イメージは変わらない。

変えないしw

変えられないし~


ぼちぼち のんびり つれづれに・・・



テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:6 

おめざめは?

猫には 「時間」の概念があるのだろうか?

「朝 決まった時間起こしにくる」という記述が 猫ブログなどでも見かける。

にゃんこ先生も 時間がわかっていたようだった。。

毎朝決まって 7時になると 耳元で「なぁ~」とひと鳴き

それで 起きないと「なぁ~」と鳴きながら 爪を出さないみねうちモードでペシペシ!

それでも起きないと シャキーーン!と爪を出してゆっくり下僕の顔を握る・・・

ここまでやられると 起きないわけにはいかない( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・


ここまでは 時間というより習慣なのかな?と思っていたのだが

にゃんこ先生には もうひとつ不思議な所があった。

それは 下僕の些細な遊び心がきっかけだった。

仕事の都合により どうしても朝早く起きなければいけない時があり

ちょっと憂鬱な気分を紛らわす為に なんとなく言ってみたひとこと・・・

「にゃんこ先生 明日5時に起こしてくれない?^^」

本当に冗談のつもりだった。

(起こしてくれたらいいのになぁ~) という願望がふいに口から出ただけなのだ。


‐翌朝‐
「なぁ~」

(ん?なに??)目が開かない下僕・・・

「なぁ~!」みねうちモードでペシペシ!

下僕・・・携帯を見る。

5時すこし前・・・

(マジで・・・!?)

シャキーーーーン!

ぐにっ!プスッ・・・(爪がささる)

☆⌒(*▽×)いてっ !


見事 起床予定時刻5時に起きた・・・

イッツァ~ミラコ~w


その後 たびたび早朝に起きなければならない時 にゃんこ先生に起こしてくれるように頼んだ。

それは 5時起きだったり 6時起きだったり まちまちだったが

毎回 ミラコ~的に起こしてくれていた にゃんこ先生。


きっと 下僕が寝坊して仕事に差し障ると にゃんこ先生のゴハンに影響が出る・・・と

にゃんこ先生は思っていたに違いない。

間違いない!(古っ!)


ぼちぼち のんびり つれづれに・・・



テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

う○ちょ

にゃんこ先生は 賢い 猫らしい猫だった。

賢い猫だから 粗相はしなかった。

ウソです・・・w

意外とやってくれてたんですw彼女ww

住まい兼仕事場に引っ越してから 2年ほどしたころだったかなぁ

一日中 一緒にいる事に慣れきった頃だったと思う。

粗相というか 失敗とかいうのじゃなくて

「抗議」の う○ちょ♪


例えば 

「まんまぁーー」「まんまぁーーー!」 と催促しているにもかかわらず 下僕は接客で手が離せない

下僕が 接客を終わらせ 急いで2階へ上がると・・・
階段を上がりついた所へ コロン♪と う○ちょ♪


また ある時は

下僕が 休みの日にお買い物へ出かけ 帰宅時間がちょっと遅かった時
下僕が いつもくつろぐ座椅子の上へ う○ちょ♪


そしてそして

下僕が 珍しく友達に誘われて飲みにでかけて 午前様した時(*注 めったに出かけませんよ)

布団を敷き 風呂にはいったら さっさと寝ようと企んでいた下僕が 風呂から上がると・・・
敷いてある布団の ど真ん中で ポロン♪ と う○ちょ♪


素敵すぎる・・・どばーっ (┬┬_┬┬)


現行犯ではないので 怒れず・・・(たぶん 現行犯でも怒れない

オティッコじゃなくて う○ちょ♪ で 抗議なんて・・・


かたずけやすくて 優しいじゃないかぁ~!*:.。☆..。.(´∀`人)

と・・・感謝してしまう 下僕のなかの下僕。


で、気高いにゃんこ先生に抗議の う○ちょ♪をさせない為にも

なるべく 休みの日には引きこもり 必要以上の外出はしない下僕が出来上がったのです。



猫様 バンザイ つれづれに・・・w


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

女王様

チャコを荼毘にふしたあと にゃんこ先生との日常に戻った。

にゃんこ先生にも チャコにも 申し訳ない気持ちでいた私に

にゃんこ先生は かわらず下僕扱いで接してくれていた。


「なでなさい」
「抱っこしなさい」
「ごはん追加!」


にゃんこ先生の気分がすぐれない時などは 目が合っただけなのに

「何見てるのよぉ 見ないで!」

と・・・横を向かれる ///orz///ズゥゥゥゥン


相変わらずな 女王様っぷりに 少しだけ救われた 私なのでした。



ふいに チャコの事を思って 泣いていると

面倒くさそうに でも ゆっくりと私に近づいてきて 

私に寄りかかりながら 大音量でゴロゴロ~と喉を鳴らす にゃんこ先生

女王様にゃんこ先生は 何を思っていたのだろうか・・・?



こんな私と暮らしてくれる にゃんこ先生が 愛しくてたまらなくなった。

ありがとう。



ぼちぼち ぼんやり つれづれに・・・


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:にゃんこ先生  Trackback:0 comment:2 

この先は 悲しい結末です。
己の犯した罪を忘れない為に 戒めとして 日記に書いております。

お読みくださる方が おられましたら・・・
先に 謝罪させていただきます。

不快な思いをされるかと思われます 申し訳ありません。
...more
テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:チャコ  Trackback:0 comment:2 

チャコ

この先は とても 悲しい日記になっております。
自分の犯した大罪の告白です。
お読みにならないほうが よろしいかと思われます。

あえて 日記にした意味は・・・
己への戒めの為です。
...more
テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:チャコ  Trackback:0 comment:1 

おだやかに

前回の日記で書いた チャコ

極端に薄い茶色の茶トラ猫。

はじめての出会いから 賢い猫だなぁ~という印象。


何度か 月夜の散歩をするうちに にゃんこ先生と顔見知りになった。

ついでに 私の事も覚えてくれたようだったw


昼間 にゃんこ先生は外には出ない。

でも、いつの頃からか 昼間 玄関先にチャコが現れるようになった。

そのころ住んでいた家は 一階が仕事場で 玄関といわれるものは

素通しのガラス張りのドアだった。


どこからか スルッといつのまにか現れる チャコ。

何をするでもなく でも目に付くところで 人の出入りを邪魔しない絶妙な位置で座る。

「賢い!」

私も その賢いチャコが好きになってきた。


ある日 いつものように玄関先でチャコが日向ぼっこをかましている時に

誘うように 玄関ドアを開けてみた。

「よかったら 入らない?」

チャコは じーーっと私を見つめると 開けた玄関のギリギリのギリギリのところで座りなおし

「いえいえ、ここまでで結構です。玄関先だけでいいのです」

とでも いいたげな顔で目を細めた。


おねだりすることもなく ただ 玄関先の日向ぼっこを楽しむチャコ。

素敵なおっさん猫w いあ ジェントルニャン


そうやって ほぼ毎日チャコは 玄関先に座る猫になった。

午前中にやってきて 昼頃ふらっとどこかに行き また2時か3時頃に戻ってくる。

そして また 5時頃には どこかへ フラリと行ってしまうのだ。


徐々に ウチを訪れるお客さんにも認知されるようになった^^

チャコをなでるためだけに 通りがかる人も何人もいた^^

毎日 毎日 何年もチャコはそこにいたのだ。

おだやかに まどろむ ジェントルニャン



・・・急に チャコに会わなくなった。

月夜の散歩にでかけても チャコに会わないので にゃんこ先生も ちょっと散歩が短くなっていた。

そんなことが続いた ある初夏の昼間。

ガリガリに痩せ 毛なみもボサボサの 薄汚れた白猫が 玄関先に座っていた・・・

違う!! 見間違った!!チャコだった・・・。

変わり果てた姿に驚きながらも チャコをなでながら つぶやいた・・・

「どーしたぁ~ しばらくみないうちにゲッソリ痩せて・・・チャコ・・・」

「な~ん^^」

ひと目見て 異常事態なのはわかった。

それでも きちんと足を揃えて座り かわいい声で鳴くチャコに 涙がでた。

後悔した・・・。

にゃんこ先生もお年寄猫 チャコだってお年寄猫

何故 もっと早くに保護しなかったのか・・・

何故 野良の通い猫のままにしてしまったのか・・・

後悔ばかりした・・・


そして その日から チャコは ウチのチャコになった。


獣医に連れて行き 診察してもらうと・・・

猫エイズ発症 猫白血病発症 猫伝染性腹膜炎発症・・・


にゃんこ先生と一緒に暮らすのは 獣医に止められた。

それでも このまま 何もしないわけにはいかなかった。



玄関先に チャコの住まいを作って置いた。

商売人としては失格だ・・・

でも それでも 何かできる事がないか 模索しようとしていた 私・・・



やっぱり 長くなるので 続きはまた今度・・・


ぼちぼち ずっしり つれづれに・・・



テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:チャコ  Trackback:0 comment:0 

月夜の散歩~出会い~

前の日記でも書いた 月夜の散歩

夜(深夜)の為か この散歩をするようになってから

自宅周辺に 猫さんが多い事に気がついた。

一度きりしか見かけない子・・・

たま~に出会う子・・・

遠くのほうから様子を見て 近づかない子・・・

いろんな子がいた。


その中で 野良生活をしているにもかかわらず やたらと愛想のいい子がいた。

茶トラ・・・と いうには あまりにも茶が薄く

遠目でみると 若干 薄汚れた白猫 といった感じ。

でも ちゃんとよく見ると茶トラw

不思議な柄の子だw

体格もよく 穏やかな性格で とても賢そうな子

何故 野良猫をやっているのか 不思議なほどだった。



近所の人に そんな茶トラの子の生い立ちを聞いたのも この頃

元は野良猫かーさんが産み落とした仔猫のうちの1匹だとか。

やがて 野良猫かーさんはどこかに行ってしまい。

一緒に育った 兄弟たちも 気がついたらいなくなって この子だけだったと・・・

残った茶トラの子は 近所のスーパーのおじさんやおばさんから エサをもらい

近くの無人になっている空き家をねぐらにして 育ったそうだ。

そうしながら 10年以上 ここで暮らしている・・・と


そして 月夜の散歩で出かける にゃんこ先生の井戸端会議(下僕付き)相手になったのだ。

この茶トラの子・・・いや おっさん猫の名前は「チャコ」

長い付き合いになるとは 出会ったこの頃に思いもしなかったなぁ・・・



続きは また今度



ぼちぼち のんびり つれづれに・・・・





テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Tag:チャコ  Trackback:0 comment:1 

プロフィール

下僕@にゃんこ先生

Author:下僕@にゃんこ先生
2008年1月17日永眠
にゃんこ先生は 27年生きた我が家の猫様の名前。

にゃんこ先生との日々を ぼちぼち回想したり…
最近は 新しい家族 ララさん&山田の事を書いてます。


2009年3月11日我が家へ
ねこおもい1
1997年生まれ ララ♀サビ柄と縁あって家族になる。
性格は甘えん坊。おしゃべり猫。
慎重派で礼儀正しい。
見た目とはウラハラに人見知り無し。
シニアとは思えぬパワーと俊敏性は獣医師も驚くほど(笑)



2009年10月15日出会う

2009年生まれ
微妙なキジトラ模様 お嬢♀
改名して【やまだ】になりました。
空気の読めない「きかんたれ」
ララさん大好きすぎて ウザがられてます。


2010年10月21日保護
フォトジェニックつき
つきちゃん【サバトラシロ】♀
名前の由来は【強運】【ツキまくり】など
とにかくラッキーガールなので【つき】と命名。

道路で動けなくなっているところを保護。
骨盤骨折手術を乗り越えた強い子。
なんやかんやで情が移り我が家の扶養家族になる。

ねこ時計
ねこ時計
ニコッとタウン
blogram投票ボタン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。